3歳と、世界一周ふたり旅^^ハワイ南米北欧中東アジア5ヶ月

おやこで世界を旅するみかりん&キッズモデル3歳トノちゃんの、世界32か国母子海外旅行

なんで、行こうと思ったか。(初ワーホリまで

学生の時は海外にまったく興味なかった。旅行でだって海外行く機会ないだろうから、英語も勉強せず、いつも赤点。

 

19歳で母に誘われハワイ・ホノルル2人旅。初海外。

母は新婚旅行でアメリカディズニー以来、英語しゃべれるわけじゃない。

ツアーで行きたかったけど、ホノルルはフリープラン+オプショナルしかなく、母は私にまかせるというので一人でネットで現地ツアー手配。まさかの全工程をまとめた紙を家に忘れたことに飛行機の中で気づく笑。

ショッピングモールでカメラのメモリーカードを買う時に、自分の聞きたいことが英語で言えて、伝わったのがうれしかった。かなりね笑。what is the purpose of this case?付属のケースの用途がわからんくて。これだけ、ほんとに一言なんだけど、このときの感動は忘れない笑。

 

21歳でオーストラリア・ケアンズ、ウルル、シドニー

私も弟も翌年に就職で最後の家族旅行だからと。3人で行き先選び。決め手はカウントダウンのシドニー花火と、当時はやってたドラマせかちゅーに出てくるウルル。

途中、弟が発熱・嘔吐でダウン。でも病院に行くにはツアーから抜けないと、で最後まで頑張ってた。かなり悪かったのに、ほんと強いと思う。そんな中でもウルルは、せかちゅー好きのおかげで、そのときだけフツーそうに登頂してたし!私(と母も付き添いで)は最初の急勾配で、怖いし、時間内に戻って来れなさそうと景色見て休んでた。そのあとは平坦だったから、ただ道が細くて左右は崖同然でこわいんだけど、行けばよかったなーと。ウルルのホテルはもう絶対行きたくないレベルで虫がいるからね、部屋の内外上下左右、大きなのがゴロゴロ。ゾゾゾ。知らぬが仏ってこのこと。

カウントダウン花火は、おしくらまんじゅう状態。花火自体は日本のがよっぽど綺麗で迫力あるけど、海外の盛り上がりの熱さ、たのしい!!って思った。その日シドニーは異常気象で外は50℃超え。昼間はとても歩けず、ホテルの部屋に缶詰めだった。

コアラもカンガルーも見て、大満足だったけど、「楽しい旅行だった^^」止まりで、海外大好きー!みたいのはナシ。

 

翌年度、大学病院に就職。でも体調不良で1年で辞め、休養後は職を転々とする。

 

25歳、この旅で転機を迎える。というかすべてが変わる!!!

母と二人、スペインと迷って、10日間のイタリア一周ツアーに参加。ミラノ、ベネチア、ピサ、フィレンツェカプリ島、ローマ、バチカン

イタリアのすばらしい世界遺産もさることながら、ベテラン添乗員さんとの出会い。おそらく40代のタカラジェンヌみたいなカッコイイ綺麗な女性で、ガイド知識も豊富で、すっかり惹かれる憧れる笑。こんな添乗員になるのもいいなあーと。

ほかの参加者の方も優しくて、早起きで夜までびっちりな行程はきつかったけど、とっても楽しい旅だった。イタリア楽しいし、このメンバーとこのままいたい、と帰りたくなくなり、帰国当日の朝ホテル周囲を散歩してたときに、「このままひとり置いていかれてもやっていけるんじゃない?」というか、やってける自信しかなかった。試してみたかった。けどここは団体ツアー、私もなんの準備もないし帰国したら冷めるかも、っと協調して帰国する。

 

イタリアから帰国の数日後、留学・ワーキングホリデーの資料請求をしていた!

当時、保育園で勤務1年目。看護師とはい0歳児クラス担任のひとりで担当のこども3人。年度中の退職は、こどもに影響あるからタブーとされている。

だっこにおんぶで立ったり座ったりで膝を痛め、体力的にきついし、求人情報と実際の勤務が違うこと、こどもの前でもこどもや先生の悪口を言う先生が少なくないことに不満を持ってた。人の良いところを見つけましょうって言うはずの人たちが!保育園の裏側ってこんなとこもあるんだと本当にショックだった。

けど、ミルクの作り方もおんぶひもも何もわからない私に一から丁寧に教えて見守ってくれて、こどもをいちばんに考えてやっている本当に心のある先生がそばにいたし、こどもの成長や笑顔を見ると、続けようと思ってた。でも勤務の改善をしてほしくて労働局に行ったことや、悪口を言う先生たちが園長と親しくなり、私が初心者で失敗が多いことを日々言っていて、園長と話して年度途中で辞める。

 

ワーホリが現実に!

 

にほんブログ村 旅行ブログ 親子・夫婦世界一周へ
にほんブログ村 にほんブログ村 旅行ブログ 子連れ海外旅行へ
にほんブログ村

広告を非表示にする