3歳と、世界一周ふたり旅^^ハワイ南米北欧中東アジア5ヶ月

おやこで世界を旅するみかりん&キッズモデル3歳トノちゃんの、世界32か国母子海外旅行

中東

エジプト国民食が自宅でこどもと一緒に作れる簡単レシピ☆(コシャリ・マハラベイヤ

定期的に開催している旅好きさんの交流会。 今月は「エジプト料理をつくって食べよう会♪」でした。 エジプトで国民食と呼ばれる B級グルメ「コシャリ」& スイーツはエジプト流牛乳プリン 「マハラベイヤ」の2品にチャレンジ^^ こだわりポイントは、 ・近…

3歳のこどもがエルサレムのイスラム教徒限定のモスクに入れたワケ。

イスラム教徒以外は立入禁止のモスクに 3歳児トノが潜入!? イスラム教の礼拝所であるモスクは たいてい他教徒でも入場OK^^ だけど聖地エルサレムの中でも 特に神聖とされる「岩のドーム」区域の アルアクサーモスクは、 数年前に放火事件があってから …

エジプトの国民食「コシャリ」を作ってみよう♪

エジプトの国民食「コシャリ」。 パスタやライスを混ぜたものに 豆やトマトソースをかけて混ぜながら食べる ほかの国では見なかった独特な料理。 エジプトで食べてたコシャリ、すっごく恋しい!! と思ってたら、国際交流会でまさかの コシャリを作ると聞い…

一人旅にも子連れにもオススメ。死海「デッドシー スパ ホテル」の嬉しい館内設備とサービス。(死海・ヨルダン

私たちが死海で泊まった 「デッドシー スパ ホテル」 死海最安値とはいえ シーズンオフでも1泊1万円は下らないのに 予約サイトのレビューではあまり良い評価とは言えず 心配してたけど、ちゃんと立派なホテル。 都会で数万円出すホテルと何ら変わりない。 …

3歳と初めての「死海浮遊」体験で思ったネットの便利さ。(死海・ヨルダン

世界一周の行き先で、 いちばん最初に決まってた死海。 ここに来たらやっぱり、浮かなきゃ!^^ トノにうきわをつけて、 おそるおそる、おがくずの浮かぶ海へ。 腰まで入って、まだ浮かない。 胸まで入っても、まだ浮かない。 あれ? 浮く気配もないけど? …

死海で一番安い「デッドシー スパ ホテル」、さらに安く宿泊する2つの方法。(死海・ヨルダン

高価な死海リゾートの中でも 一番リーズナブルに泊まれるホテルが 「デッドシー スパ ホテル」 そこに、さらにオトクに泊まっちゃおう!^^ 私が使った2つの方法、教えます☆ 1.予約サイト 「agoda」がいちばん安くて、 公式サイトや別の予約サイトで満室…

死海で溺れて味わった、泥苦い水の味。(死海・ヨルダン

死海で仰向けに浮いてたところから 腹這いの体勢に変えようとしたら、 ごろん!ぐるん!! 水の浮力でバランス取れなくて 溺れかけた。 マジで焦ったーーー。 顔にも水かかったし、 目すごい痛くなるわー! と思ったけど、がっつり潜ってないからか 意外と大…

3歳と、死海リゾート「デッドシー スパ ホテル」で贅沢&リラックス。(死海・ヨルダン

死海リゾートに来ております^^ 泊まったのは「デッドシー スパ ホテル」。 ここに安宿なんてないらしく、 普段の5倍、 この旅いちばんの贅沢をしております。 それでも死海リゾートでは最安値なんだけど なんてラグジュアリー! 到着後、早速カーテンぐる…

3歳と、はじめての死海。「死海浮遊体験」でやってはいけない注意点。(死海・ヨルダン

はじめての死海。 これは浮くしかないでしょー! みんながやる仰向けになったあと、 犬かきとか平泳ぎとかー と思ったら !!! バランスとれない!! 戻れなくなった!! やばい、溺れる!! 本当に体の自由がきかなくて、 必死にトノのうきわにつかまる。 …

ブランチできない。死海リゾートホテルは「レストランの営業時間」に注意。(死海・ヨルダン

朝早くにアンマンを出て、 死海リゾートホテルにチェックイン。 ホテルならレストランあるし 早めのランチでお腹いっぱい遊ぼう♪ っとなるはずが。。 ブランチのような中途半端な時間は レストランがクローズ!! ルームサービスはいつでも取れるんだけど も…

死海リゾートホテルの食べ物持ち込み禁止。キープOKだけど注意してほしいこと。(死海・ヨルダン

死海リゾートのホテルは 食べ物持ち込み禁止! 入口のセキュリティで全部没収! レストランの高いごはんしかない! っとホテル予約サイトの事前情報があって、 節約したいからパンとか持ち込みたいし おやつも市内のほうが安いけどダメなのかー、 日本からの…

世界遺産ペトラ遺跡内にいる「ナバタイの神様」。(ペトラ・ヨルダン

ペトラ遺跡を歩いていると、 日本ならお地蔵さんみたいな、 神殿の中にいる何者かのようなのがある。 体長50cmほどの「何者か」。 遺跡内の多くが触ったり登ったり 自由にできるけど、ここに 囲いがあるってことは宝物殿にも並ぶ 大事な存在らしい。 けど私…

魚がゾウに変わる?!世界遺産・ペトラ遺跡に隠されたトリック岩「フィッシュ・ロック」(ペトラ・ヨルダン

ヨルダンの世界遺産、ペトラ遺跡の中。 公式ガイドと歩いてる途中、 ペトラ遺跡には「トリック岩」があると教えてくれる。 「フィッシュ・ロック」と呼ばれるらしい、この巨大岩。 顔が左向き、目と口があって 胴体が右へと伸びて、 たしかに、言われてみれ…

彩色壁画や古代文章が残る「王家の谷」の王家の墓(ルクソール西側・エジプト

ルクソールのナイル川西側にある王家の谷。 かなりの数のお墓があるけど、 ミイラも埋葬品も、お墓が発見された時には 既に持ち出されてて見つかってないらしい。 エジプトのお墓って、 ここといい、ピラミッドといい、 遺体を置く部屋までトンネルになって…

歴史ある隊商宿で最高のダンスショー!ワカーラ・アル・ゴーリーの「タンヌーラ」(カイロ・エジプト

人がくるくるまわりながら 大きなスカートを回して踊る 「タンヌーラ」のショー。 タンヌーラ、元々はダンスじゃなくて スーフィー教徒が回りまくって トランス状態になったときに神と繋がれる って信じてる宗教行為。 それが踊ってるように見えるから 別名…

3歳と、カイロ住民と「旧市街の裏路地」を散策。(カイロ・エジプト

北カイロに住むエリックが、 夜のカイロ旧市街を案内してくれた。 「一人だったら危険だと思って 細い道には入ってこないだろうけど、 裏道こそローカルの暮らし。見せたかった」 夜もまだまだ暑い街を トノをだっこして歩いてくれるエリック。 桶に山盛り!…

早朝のエルサレム旧市街。「嘆きの壁」の配給に集まるユダヤ教徒。(エルサレム・イスラエル

エルサレム旧市街の「嘆きの壁」は朝早くから 熱心に祈るユダヤ教徒たちでいっぱい。 ユダヤ教徒の真面目さが出てるなー。 嘆きの壁の反対側には柵が立っていて、 昼間にはなかった人だかりができている。 何かつまんでいる人たち。 お祈りに来たユダヤ教徒…

カイロでブームな週末の過ごし方。写真を撮り歩く「サタデーウォーク」(カイロ・エジプト

モスクの中をカメラ持ってパシャパシャ撮る人たち。 なんだ??? モスクの中でそんな写真撮る人見ないし、 見た目もばらばら、 全員がムスリムでもなさそう。 不思議なグループだな。 ひとりがトノを撮り始め、 あっという間に囲まれるトノ。 カイロで毎週…

陽気で親切なエジプトっ子(カイロ・エジプト

エジプト1日目、 首都カイロで道路を歩いてたら トノにペプシをくれる男性。 いい人なのか怪しい人なのかと 疑いながら話してたら、 通りかかった少女グループに手を引かれた。 「知ってる人?私たちと一緒に行こう。」 この子たち、あの人知ってるのかな。…

サウジ人が教えてくれた、人が喜ぶお金の使い方。(カイロ・エジプト

カイロの宿で会ったサウジアラビア人が トノをとても気に入って、 ナイル川ボートに連れてってくれたあと 一緒にショッピングモールに来た。 中を見てまわってると、モール内を走る こども向けトレインが。 乗り物女子のトノ、乗りたい!!と。 私、こういう…

ぼったくり頻発の「ペトラ遺跡」。トラブルになる動物使い3パターンに要注意。(ペトラ・ヨルダン

ペトラ遺跡内には馬やラクダ、ロバといった 人が乗るための動物がたくさんいて ベドウィンたちが次々と声をかけてくる。 自分で歩きたい人には本当にうざいし、 トラブルも頻発! こんな人たちに注意してほしい、 3パターンを報告。 1.ぼったくり乗馬ツア…

ナイル川沿いのリッツカールトン「The Nile」でのんびり&ランチ(カイロ・エジプト

暑いカイロで涼めるところないかなーと 思いついたのが、高級ホテル。 ロビー広くて快適に長居できそう^^ エジプト考古学博物館の向かい、 近年新しくできた リッツカールトン「The Nile」 さすがリッツ、 おこさま専用チェックインカウンターがある。 あ…

浮遊体験のあとは「死海博物館」で学ぼう!デッドシー・パノラマ・コンプレックス(死海・ヨルダン

死海にできて新しい「デッドシー・パノラミック・コンプレックス」。 施設の名前通りの、パノラマビュー^^ 死海が視界に広がっている!笑 この敷地内にあるのが、 「死海博物館」 死海をはじめ ヨルダンの土地、生態、農作物などに ついて学べる新設ミュー…

こどもと海リゾート。ビーチチェアからの落下にご注意!(死海・ヨルダン

死海リゾートの朝。 静かに広がる死海を見たいっとトノちゃんと ふたり、ビーチチェアにごろん。 今日もいいですねートノちゃん^^ あーグラビアっぽい^^ あれっ?ズルズルズルー。 下がってますよー。 !!! ぎゃ!笑 おもしろいトノー^^笑。 私のビ…

こどもも遊べる、死海近くの秘境の滝温泉「ハママートマイン」(ヨルダン

あったかーいお湯の滝。 死海から近い、自然の中の滝温泉。 「ハママートマイン」 まわりに何もない山奥なのに、 人がいっぱい!大混雑! 予想外ー。 静かに癒される日本の温泉と違って、 みんなでワイワイやるレジャー施設よね。 現地人に混じって楽しむぞ…

心打たれる白斑女性の言葉「これは模様。あなたの洋服のお花みたいでしょう?」(ヨルダン

ベビーカーを持っていた私たちがバスに 最後に乗り込むと、 空いている座席がなかった。 トノとふたりで床に座ると、 横の席の女性が トノに「膝に来る?」と言ってくれた。 その人の手は、色がまだら。 最初ハンカチで覆ってたから気付かなかった。 まだら…

3歳がヨルダン川で洗礼を受ける。聖地「キリスト洗礼の池・Baptism site」で沐浴(ベタニア・ヨルダン

新!世界遺産、ヨルダンのベタニア。 3歳児トノちゃんに現地レポートしてもらいましょう^^ はあーい! トノ、ヨルダン川にやってきました! トルコで買ったおむつ、よく似合うでしょ?笑 なんでヨルダン川って? ヨルダン川は昔、キリストがヨハネによる …

3歳とまわる世界遺産。聖地「キリスト洗礼の池・Baptism site」(ベタニア・ヨルダン

死海ホテルの掲示板に出てた「Baptism site」 洗礼の聖地だって。 ヨルダン川や教会を見ながら 遊歩道を歩くと、 池がある場所に着いた。 なにかの遺跡か? 説明するガイドさん。 この池はイエスキリストがヨハネによって 洗礼を受けた神聖な場所で、 この方…

首都アンマンのレインボーストリート。「ウォールアート」で絵になる3歳児(ヨルダン

ヨルダンの首都アンマンで観光客が集まると いうレインボーストリート。 おっしゃれー!! なウォールアート。 クールなポーズを決めるトノ。 すごい写真映えする場所よね。 レインボーストリートは 車がたくさん来るから 自分で歩く小さい子は特に注意。 こ…

市場に並ぶアラブ庶民の日用品。この木工品、クッキー型なの?!(アンマン・ヨルダン

アンマンの市場がある一帯を歩いてて 目に留まったコレ。 ほかにお店に置いてるものからすると 日用品っぽいけど、 何にどうやって使うんだろう? どう考えてもわからないから、 お店の人に聞いてみる。 説明してくれるけど、言葉が・・笑 で、実演。 ここに…